自動販売機の設置に関しても経営コンサルタントのアドバイスが役に立つ?

ジュースの自動販売機のイラスト

 

日本は世界でも自動販売機が非常に多い場所として知られます。

 

自動販売機が成り立つためには大前提となる条件が存在しています。それは極端に偽札・偽金が少ないことです。多くの国家ではそれを実践することが出来ませんので、自ずと日本でしか自動販売機が多く設置出来ないのです。

 

日本では昔から収入アップの手法として自動販売機を設置することが広く用いられてきました。しかし、最近では自動販売機の設置台数著しく増えたこともあって、売上が落ちる傾向もかなり増えています。このような場合に、実は経営コンサルタントによるアドバイスが意外に役に立つのです。

 

経営コンサルタントはどのようにして自販機の売り上げを伸ばす?

 

一部の経営コンサルタントでは自動販売機の運営において画期的な方法を教えることがあって、その代表的なものの1つに100円未満の飲料販売という方策があります。基本的に飲料は自動販売機でも100円以上で売られているのが一般的ですが、ある自動販売機の飲料は賞味期限がそれほど長くないことを見越して安く販売するというやり方があるのです。

 

基本的に自動販売機で飲料を買う方はその日にすぐ、若しくはその場ですぐ飲むことが多いので、このようなビジネスが意外に高い効果をもたらしてくれるのです。

 

お菓子の自動販売機の写真

お菓子の自動販売機だって今は当たり前

 

また、最近の自動販売機は更に進化していて、どこにも売っていないアイテムを販売する手法もあります。都会に行きますと、おでんやブラジャーなどを売っていることもありますが、これもその自動販売機に行かないと買えない商品なのである意味では強みがあり、アイディア次第でヒットさせることができ、導入する価値は十分にあります。

 

様々な手法があるものの、一番重要な要素は地理と商品内容

しかし、自動販売機は何処に設置しても売れると言うものではなく、販売するものと設置場所マッチングが非常に重要です。経営コンサルタントも設置場所を含めたリサーチを行ってくれる能力があるとコンサルタント業務も意義が大きいですが、単に設置だけを進めてくるようなコンサルタントのアドバイスでは役に立ちません。